コンテンツ

水漏れが起こる際にできること

水漏れは、いつどこで発生するかわかりません。蛇口は10年以上使用すると、消耗部品の交換が必要になってきます。今は問題ないとしても、いつどんなタイミングで、水のトラブルに発生するか予測できないので、日ごろから自分ができることを考えておくことができます。実際に、蛇口付近から水がポタポタ漏れだしても、慌てず対応できます。しっかり目視して、どこから水が漏れているか突き止めていきます。

■水漏れが起こる前に

水漏れが起こりやすい箇所を確認します。まず屋外です。屋外の蛇口は普段使う頻度は多くないものの、トラブルになる可能性が高い箇所といえます。屋外に蛇口がある場合は、水道管の周りをナイロンテープやシールテープで補強できます。冬場など寒い時期に水道管が凍って破裂し、水のトラブルが発生するのを防ぐことができます。
屋内にはたくさんの水を使う場所があります。お風呂場のシャワーは、ホースがねじれていないか、ひび割れがないか時々チェックします。洗面所、台所の蛇口も時々確認します。最初は水漏れもポタポタ落ちる程度で、見つけにくいことがあります。いつも使う水回りですので、使用しているときにチェックしておくと安心です。トイレの中では、タンクの周りや、配管とのつなぎ目から水が漏れだすことがあります。トイレの場合、水が漏れだしたとしても量が多くなく、床に少しずつたまる、というトラブルも考えられます。時々、配管のつなぎ目をチェックしておきましょう。

■水漏れが起こったら

すぐ修理が必要か確認するため、最初に場所の特定を行います。水漏れは蛇口のどこから発生しているでしょうか。蛇口を取り付けている壁と蛇口のすき間から水がポタポタ漏れている場合は、シールテープを使って補強する必要があります。蛇口自体や、蛇口とパイプのつなぎ目から漏れているなら、パッキンの交換が必要です。
自分で交換ができないと感じるなら、業者に依頼します。修理の前に止水栓をしめておくと、水を止めることができます。とりあえずの応急処置として有効です。

■まとめ
水のトラブルが発生しやすい場所は、家の中でどの部分かあらかじめ確認しておきます。水漏れが発生したら、水がどこから漏れているか、よく確認します。業者に依頼する場合でも、自分で部品交換をする場合でも、場所をチェックすることは大切です。自分で処置できない場合や、修理に時間がかかる場合、最初に止水栓をしめて、水漏れを防ぎましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ