コンテンツ

水漏れが起こった時の対処方法

毎日使う水回りで発生する水漏れは、すぐに修理する必要があります。水漏れが起こりやすい箇所は蛇口の付近です。蛇口自体も10年以上使用していると、交換が必要になることがあります。日ごろから蛇口をこまめにチェックしておくと部品交換だけでよいか、それとも蛇口を交換した方がいいか、検討することができます。蛇口 交換を選択したなら、確認しなければならないのは蛇口の種類です。

■蛇口の種類を確かめる

家庭で使っている蛇口の種類を確かめます。蛇口 交換をしたくても、自宅に取り付けられる種類が分からなければ、交換ができません。蛇口を取り付けている場所をチェックします。壁に直接蛇口が取り付けられているのは、壁付きタイプです。シンクや洗面台についているなら、台付きタイプになります。
次に、穴のタイプを確認します。穴をチェックするためには、蛇口をスパナやレンチなどで取り外します。穴のタイプは、給水管が1つか2つか、という2つの種類によって異なります。最近のタイプは水とお湯が一つの給水管から出るタイプがほとんどなので、穴は一つの場合が多いです。
穴の数をしっかり確認したら、その穴に合うタイプの蛇口を探します。

■蛇口の情報を集める

穴の直径を測ると、その穴に当てはまるタイプの蛇口が分かります。レバーのついている位置やレバーの使い勝手、蛇口の材質などは様々で、色々な種類があります。メーカーのホームページにはもちろん、大きな写真がありますし、カタログなどから確認することも可能です。
実物をチェックしたい場合は、ホームセンターやメーカー直営店に見本が飾っているので、見たり触ったりして確かめます。自分で、色々なツールを使って情報を集めることができます。自宅の蛇口 交換が必要だけれども、自分では自信がない場合は、業者に依頼して、取り付け可能な蛇口を選んでもらうこともできます。以前に利用していた蛇口のメーカーに再度依頼する人もいます。水回りは、家族みんなで使う場所なので、みんなの意見も聞きつつ決めることができます。

■まとめ
水漏れを修理するために、蛇口をチェックしなければならない時期があります。使用し始めて10年以上経過した蛇口なら、交換という選択肢もあります。まずは自宅で使っている蛇口のタイプをきちんと確認します。取り付け可能な蛇口の中から、自宅で使いやすいものを選ぶことができます。メーカーに直接聞くこともできますし、修理業者に依頼して探していくこともできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ